のうぢから

4E - Everyday Exciting Enjoying Engineer!
Google
 
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ブクレジで発売日を忘れよう!
ブクレジ
いつでもどこでもamazonの
買いドキをお知らせ
アメドキ
PROFILE
ARCHIVES
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
[書評]爆笑コミックエッセイ 株主優待だけで優雅な生活[読んだ]

Swimmer / BarelyFitz


夕方以降はだいぶ過ごしやすい気候になって来ましたね。おはようございます。
昨日はプールに行ってきたのですが、2週間泳いでないだけで泳ぎ方を忘れたようです。いきなり溺れかけたよorz
もともとクロールは苦手で、50m泳ぎきるのがやっとなんですが、息継ぎが下手すぎる。。
鼻で呼吸するのが下手くそでむりやりやってるからよけい苦しいんでしょーね。
ちょっと来年のアクアスロン挑戦が無謀に思えてきました。


株主優待だけで優雅な生活

昨日のエントリーでも紹介した投資ブログ「みきまるの優待バリュー株日誌」のみきまるさんが
株主優待本を出したということで読んでみました。
みきまるさん曰く「過激な内容はカットされました」とのことで興味を失いかけてましたが
共著のwww9945さんがクロス取引否定派ということを知り食指が動きました(笑)


株主優待だけで


優待は企業からの贈り物

p.9
企業から株主へのお中元やお歳暮のようなものです。
この1文で著者の株主優待制度への「感謝」の想いが伝わってきますねー。
株主優待は企業からの挨拶なんですね。
感謝の気持ちを持つことは、何かを継続するモチベーションになるので大切なんですが
余裕が無いとなかなか持てませんよね。残念ながら僕はまだまだのよーです(泣)


優待だけをタダでもらう方法

p.18
www9945さんはこの投資手法を推奨していません。(中略)推奨しない理由を次のように4つあげています。
1,カラ売りのリスク(逆日歩)を甘く見ている。・・・
僕はこの1、の内容だけでこの本を読んだ甲斐がありました。もう満足お腹いっぱいです。
残念ながら多くのブログや雑誌ではクロス取引のメリットについてはいっぱい書かれていますが
デメリットは無視、もしくは申し訳程度にしか書かれてなかったりしますよね。
その点この本はきちんと(さらにあと3つも)デメリットが書かれていて好感度が高いです。


優待中毒症

前編マンガ仕立てで20分もあれば読み終える内容の本です。
が、中身は優待中毒患者二人のの濃い〜い体験談となっております。
これから株取引を始めようと思っている人よりは
優待の変更や廃止で痛い目にあった優待族の方々に
「キミだけじゃないんだよ」と、そっとオススメしたくなる本でした。


読書 | 07:42 | - | -
オーディション
評価:
村上 龍
ぶんか社
---
(1997-05)
Amazonランキング: 412706位

最後まで読んでも
主人公がついた嘘が何なのか結局わからずじまいで
消化不良です。

私がニブいだけなのかな?
誰か教えてくださいm(__)m
マジで。

食事のシーンばっかで
性描写も珍しく1回こっきり。
「わくわく」も「どきどき」も感じなかったので
今回はちょっとイマイチでした。
銃夢Last Order 13 (13)
JUGEMテーマ:趣味
本巻では金星の戦士オムデュフー(?)にまつわる
哀しい物語が書かれています。
が、はっきり言ってサイドストーリーなんてどうでもいいので
早く本編を進めてくれっ
こんな話にまるまる1巻使うなよ!

いつの間にかタラバは雑魚キャラ扱いで
何の使命も果たせずに逝ってしまうし。。

せめてスーパーノヴァ教授の行方ぐらい書いとけよ! 
日本でいちばん大切にしたい会社
評価:
坂本 光司
あさ出版
¥ 1,470
(2008-03-21)
Amazonランキング: 142位

JUGEMテーマ:趣味
確かに読んでいて涙が落ちてしまいそうになるほど
すばらしい会社ばかりで胸が熱くなります。

ただ、筆者の言う『人や地域を大切にする会社は必ず業績が上がる』には
違和感を感じます。

本書で紹介している(人や地域を大切にする)会社は
業績がよく残っていますが、
社会に貢献している会社全てが業績が良いわけではないでしょう。
当たり前ですがいくら社会に貢献していても潰れる会社は
ニキビより簡単に潰れちゃいます。

私がひねくれているだけかも知れませんが
こういう決め付けはだけは釈然としません。 
構造改革の真実 竹中平蔵大臣日誌
評価:
竹中 平蔵
日本経済新聞社
¥ 1,890
(2006-12-21)
Amazonランキング: 13224位

JUGEMテーマ:趣味
日本の政治家の中で、唯一頭がいい人だなと思わせてくれる人です。
小泉内閣の時にはほとんど何をしている人か理解していませんでした。
なんかよくマスコミに叩かれている人だな、としか(笑)

構造改革の内側では外側から見ていたのでは
決してわからない小さな改革が行われ
それが原動力となって大きな改革が行われていたようです。

かなり難しい内容のはずなのに
竹中さんの手でほんとに解りやすく、
そして読みやすく書かれています。

個人的には政界に復帰してほしいところですが
竹中さんを上手に使える小泉元総理のような方は
当分は出てはこないでしょう、残念。

失われた10年を取り戻した戦いに
興味のある方は是非読んでみてください。